シューズ と メンズセカンドバッグの 修復

*何処まで回復できるのか、試してみます。

今回ホームページを作るに当たり、当事業所の技術アピールが必要と考えましたが、

革製品を並べるような事は、もう何処でもやっていることです。

 

じゃあ、私に何が出来るのか、など考えている内に、調色場の隅で廃棄されるのを待っている。

シューズ 2足が目に入りました。通常ここまでひどい物は無いと考えられます。

 

状態は最悪ですから、これを修復してみようかと思い立ち、シューズだけでは淋しいので

ついでに自宅に有る。もう使っていない。セカンドバッグも一緒に直す事を決断!

手入れしていれば、このような状態には成りません。

 

シューズは「ワールドマーチとニューバランス」メンズバッグは「カステルバジャック」です。

依頼物では無いので、マスキング等適当にやっています。説明はこれまでに致します。画像を見て下さい。

画像が分かりやすいと思うので、順番にならべてみます。


ューズの修復場面を連続で表示、途中工程画像撮り忘れなどで総ての作業記録

できていないのですが、ご推察下さい。

        修復前                    修復後

拡大して 細部確認してください。

この程度まで修復できれば、新品同様とは言いませんが、生き返ったと思います。通常使用に問題は無いでしょう。

残念ながら、靴紐などは水洗い、溶剤洗浄してもある程度回復しましたが、修復不能です。

修復課程で、色の変更等も可能です。

バックの修復も下の画面に画像表示しております。

革製品の復元力は素晴らしいです。

 

私も、今回のような事をするのは初めてです。普段から、布靴や合成皮革靴はどうも足に馴染まず、革靴しか履かないのですが、修復を試したことは有りません。

良い経験になりました。時々やってみようかなと思っています。

一般の方は、なおさらと思います。クリーム等で修復は限界が有りますから!


*メンズ・セカンドバッグの修復

            修復前                  修復後

バッグの修復、修復ヶ所は、コーナー部分の摩耗劣化、革の退色部分の復活です。(上部4枚の画像は、修復前 その後は修復過程2枚と完成です。)

 

摩耗部分は、新しくコーティング後着色。

 

皮部分の退色部分は、素材感を残すため染料液手塗り後、皮膜形成、元の状態に近い艶感に調整。 靴の再現と比べると、工程は比較的少ない。

 

 このような状態(特にバッグ)の物は、何処の家庭でも存在すると思います。

 修復すれば生き返ります。

・ 合皮などは このように修復出来ません。これだけダメージを受けていても

 皮そのは物は、あまり劣化していない。

 ですから、ある程度汚物を取り、化粧すれば復元出来たと思います。

 

                        ホームへ