皮から革へ

 

革への興味

このホームページを見られる方は、革に興味があり,どのような過程で皮が作られて行くのか、製造過程などの概略を知りたいかも知れません。

 

専門的な事になると知識は膨大で、この業界の技術者になるには最低でも、10年以上の経験が必要です。

ですから、4点ほどに絞って説明致します。

不備があるかも知れませんがご容赦下さい。

 

革になるまでの概略素人様向け)但し、牛革の説明のみと致します。

原料 (原皮) 

原材料の皮は、生の毛皮の状態です。(食肉を生産する工程の前段階で皮を剥ぎ取った物に塩水処理・あるいは、塩をまんべんなく振りかけ腐敗防止処理した物)それが原皮です

 

産地は世界中です。食肉文化が有れば、副産物として必ず原皮が出来る。人が肉を食す限り資源は無尽蔵です。(主な輸入国は、合衆国・オーストラリア・ヨーロッパ・南米などです。)

それ以外に鞣し工程済みの物(ウェットブルー)も輸入されています。

 

原皮は、そのままでは利用出来ないので、皮から革に加工する必要が有ります。それらの工程について、4段階ほどに分けて簡単に説明致します。

 

1.準備作業 (鞣し前)

工程の最初は、原皮に付着した汚物や塩の除去などの為、大量の水による洗浄作業から始まります。

次に皮裏に着いている油の除去

次に脱毛 (毛皮になる物は別)

スプリット作業(本革と床皮にスライスカットして、二つに割る)

 

*この間,各工程で機械作業・薬剤使用などが有りますが、省略します。

 上記が終了した時点で、下記の鞣し工程に入ります。

 

2.鞣し工程 (皮から革へ)

 防腐・耐熱・柔軟性・銀面の絞まりなどの要素を与える工程です。

 この工程である程度、利用目的が決定されるとお考え下さい。

 「衣料手袋用・バック用・靴用・シート用・グローブ用など」

 

皮革鞣しの種類

クロム鞣革が主力ですが、タンニン鞣し・、アルミ、ジリコニウム、ホルマリン鞣し・グルタールアルデヒド鞣し・油鞣し・ミョウバン鞣しなど、沢山の鞣しが存在します。又、コンビネーションする場合もあります。

鞣しの種類が多いのは、それぞれ、一長一短が有るからです。

工程については、種類も多く複雑なため省略します。 

上記、鞣し工程が終了した時点で、耐熱・防腐などの処理が終わります。

 

鞣し工程が終了し、皮は、革(ウェットブルー)に成りましたが、まだ商品にすることは出来ません。次の工程、染色・加脂などの工程が必要です。

 

3.染色加脂(色付け・柔らかさ・弾力などの調整)

準備作業として厚さ調整のため、セービングマシンで革裏を削り、染色工程に入る。

染料で着色、次に加脂(天然油・合成油など)工程に入ります。

この工程でも用途別に、再鞣し・合成タンニン・植物タンニン他、色々な薬剤を注入充填いたします。

 

続いて、乾燥その他、用途に応じた作業が連続します。

これらの工程を経て、色・風合い調整された、最終目的革生地になります。

 

この段階で製品利用される物も有ります。(手袋・グローブ・素上げ革など)

一般の方は、この段階以降の物を革製品として目にしています。 

 

4.上げ作業

革生地に最終色調整・塗膜形成・各種艶調整・感触調整・耐水調整などを手作業・機械作業などを複雑に絡ませながら、製品要望にマッチした商品に作り上げます。

女性の化粧に似た側面もあります。

通常、皮革製造業者の仕事はこれまでです。(出荷される。)

 

*補足

*製品になるまでの作業工程数は、15~30工程が必要

*牛革の説明と前置きしましたが、牛革と一言で表現する事は出来ません。

 それは、産地による違い、同国・同地域でも品種の違い

 雄・雌の違い・腹子・子牛などの違いも有ります。

 

 季節にも影響されます。(屠殺された時期、生産する時期)

 それぞれに、それなりの鞣しの工夫が必要です。

 一定で無い物から目的物に近い物を製造する。

 ですから皮革の技術は奥が深いのです。

 私も、製造経験40年前後になりますが、未だ理解できていません。

 理解できている人は、おそらく皆無でしょう。ですから逆に研究も進んでいく。

 ですから、どのような革でも生産できる、皮革製造業者はありません。

 

 牛革以外の馬皮・羊・豚・山羊・鹿・爬虫類・などでも同様です。

 

*説明不足等

私の説明文は、素人さんに解りやすく書いたつもりですが、説明不足・不適切な表現があるかも知れません。ご指摘があれば改善するつもりです。改良点有りましたらお知らせ下さい。

 

*専門的知識が必要な方へ

 革の製造過程の詳しい説明については、化学的な説明・機械作業・手作業など物理的作業を加えると、非常に複雑です。又、タンナー(皮革製造業者)個別にそれぞれが、特異(アレンジ)な技術を持っている訳ですから、一般論では説明不能です。下記のホームページを見れば、専門用語・作業工程などの概略は理解できると思いますが、あくまで理論と説明文にすぎないとお考え下さい。

 

 興味のある方は、以下リンクしています。日本タンナーズ協会兵庫県皮革産業連合会JLIAなどに、専門用語・工程別作業・技術情報なども含め網羅されています。ホームページを参考にしてください。